2010年6月30日

桃ができました。

 

画像-0104.jpg日出町で、桃が採れ始めました。

甘味は、少し弱いような気がしますが、
味のバランスがよく、一玉食べても飽きが来ない、
何か爽やかな感じの逸品です。

デザートだけではなく、前菜にも使えそうだなと
頭の中は、桃でいっぱいです。

 

2010年6月29日

梅雨の長雨

 

じめじめとした、蒸し暑い日々が続きます。


久々に晴れ間の出た昨日、由布院の畑に出かけました。

畑の野菜たちも、久しぶりの太陽に喜んでいるようでした。


でも、また今日も雨。


野菜たちを見習って、上を向いていきましょうか。

 

画像-0082.jpg

2010年6月25日

LORINA LEMONADE

 

画像-0073.jpg100年以上、同じレシピで作り続けられている
フランスのロレーヌ地方のレモネード。

ヴォージュ山脈から湧き出た水と
厳選された材料により作られた、ロリーナ・レモネードは、
甘さ控えめで、口当たりのよい微炭酸です。

ボトルもフランスらしく、可愛いデザインです。

別府湾S・A アルテジオでは、フレンチベリーの販売を、まもなく開始します。


 

2010年6月24日

スナップえんどう

 

画像-0083.jpg由布院の畑では、遅ればせながら、スナップえんどうができました。

豆は、そろそろ終りの時期ですが、朝晩が気温のさがる、
由布院では、まだまだ旬が続いています。

日出町では、夏野菜。
由布院では、豆。

近い距離ですが、気候の違いを感じます。


 

2010年6月22日

枇杷のタルト

 

画像-0095.jpg日出町で、採れ始めた枇杷で、タルトを作ってみました。

枇杷の実は、変色が早いので、
皮をむいた後に、レモン水に落とし、
採れ始めのせいか、甘味が弱かった為、
薄めのシロップで、軽く煮ました。


日出町では枇杷や桃、安心院ではブドウ。
いろいろとフルーツが、出来始めています。

果物も年によって味が違うので、今年の味を確認しながら、
一番おいしく食べていただけるよう、試行錯誤を繰り返しています。

 

 

 

2010年6月21日

満開です。

 

画像-0103.jpg ツツジの花が見ごろです。

特にアルテジオの周りは、垣根全体に花を付けていて、
圧倒されてしまうほどです。


梅雨に入り、ぐずついた天気が続いていますが、
アジサイやツツジにとっては、最高の季節となっています。


 

2010年6月19日

クリーミー! シェーブル

 

画像-0105.jpg   6種類のチーズの紹介も、今日で最後となりました。


 ブリュック ド ロビノル   1p/c    2900
(briquette de rhobinol)

ねっとり、まったり、クリーミーな味わいのチーズです。

濃厚でありながら、やさしい山羊乳の旨みを
十分に味わえるシェーブルです。


6日間に分けて紹介してきたチーズたちは、
出会うことが、あまりないチーズばかりです。
ぜひ、入荷したてのこの時期に、一度試してみてください。

 


高速道路のサービスエリアにあるという条件から
チーズに合わせるワインはご用意しておりません。
しかし、すべてのチーズは、お持ち帰りが可能となっています。
店内で楽しむのはもちろん、ご家庭にお持ち帰りになって、
ワインなどと合わせて楽しむのも、素敵かと思います。


 

2010年6月18日

ブリュック ド ヴァシュ

 

ローヌアルプ産の、ソフト白カビタイプのチーズです。

ほんのりと甘みがあり、牛乳のまろやかな風味が楽しめます。
また、乾いた草花や藁の香りも感じられる仕上がりです。

香ばしい木の実に似た味わいとともに、
口の中には柔らかな余韻と、
長く爽やかな甘みと酸味が広がります。

最も美味しいといわれる季節は、4月から11月。

このチーズも、今のうちに食べてほしいチーズです。


 ブリュック ド ヴァシュ  1p/c   2520
     (brique de vache)

画像-0107.jpg

 

 

 

2010年6月17日

トムカイユー

 

画像-0092.jpg今日も引き続きチーズの紹介です。

 トム カイユー   100g  /  1275
 (Tomme Crayeuse)

搾乳されて1時間以内の、まだ温かいミルクで作られる
伝統的製法を守る農家産チーズです。

湿ったシャンピニオンのような表皮の香りと、
バターのようなミルクのコクと、
干草のような香りのバランスが、絶妙な、
セミハードタイプの逸品です。


白ワインや、軽めのフルーティな赤ワイン、シャンパンなど、
この季節に良さそうな飲み物との、相性が良さそうです。

2010年6月17日

夏季限定生産シェーブル

 


画像-0106.jpg クードベルジュ ロブ フェルミエ  1p/c    2200
   (coeur de berger rove fermier)

開拓されていない森の、山小屋に住み、作り始めた、
小さな生産者によるシェーブルチーズです。

かわいらしいハート型で、表面にはタイムの花が飾ってあります。

軽い酸味と、ねっとりと舌にまとわりつくクリーミーさを持ち合わせ、
さわやかなハーブの香りが漂う、プロヴァンス産の逸品です。


大切な人と、ワインを楽しみながらいただくのにも
良さそうなチーズです。

 

2010年6月15日

「ビューコンテ・エクストラ」

本日紹介するチーズは、フランスで日常的に食べられているチーズです。

 
 ビューコンテ・エクストラ  100g  /   1350
  (Vieux Comte Extra AOC)

山のチーズの王様に値するコンテ。
ハード系チーズのなかでは、しっとりとした食感で、
ホクホクとした甘さや香り、
噛むほどに広がるコクと旨みが特徴です。

今回入荷したコンテは、
一年以上熟成させた「エクストラ」で、
フランスの法律で管理されている、一定の基準を
満たしたものしか名のれない「AOC]を取得しています。

合わせる飲み物も幅広く、白・赤ワインはもちろん、
日本酒や焼酎などにも好相性な、万能チーズです。


チーズ初心者の方にも安心して、召し上がっていただける、
「ビューコンテ エクストラ」。

ぜひ一度、味わってみて下さい。

画像-0085.jpg

2010年6月14日

チーズいろいろ入荷しました。

 

フランスより、いろいろな種類のチーズが入荷しました。

全部で6種類入りましたので、ひとつずつ紹介したいと思います。


 ビュシェット ド マノン   2200
   (Buchette de manon)

プロヴァンスの山に住む夫婦が作る、手作りシェーブルです。
ハーブの香りが残るミルクを得るため、
山羊を放牧する場所を毎日変え、
プロヴァンス特有のハーブの香りを閉じ込めた、
こだわりのチーズです。

マノンの木切れ(ビュシェット)という名の通り、
木片のように細長いバトン状で、
表面にサリエット(ハーブの一種)が飾られ、
薄い木の板の上に、大切に載せられています。

やさしく滑らかで、さらりと口の中で溶けてゆく、
プロヴァンスの香り漂う、さわやかなチーズです。

画像-0091.jpg

 

2010年6月 7日

紫陽花

 

画像-0079.jpg

もうすぐ、梅雨ですね。

アルテジオの、紫陽花(あじさい)も、花を咲かせました。

 

ジメジメとしていて、うつむきがちになりやすい季節ですが、

この季節を待っていたとばかりに、

紫陽花たちが、一斉に花を付け、

サービスエリアからの、大空を見上げています。

 

 

梅雨の時期に入ると、霧などの影響により、
高速道路が、通行止めになることが増えてくると思います。
お客様方には、大変、ご迷惑をおかけする事を
こころより、申し訳なく思います。

 

 

2010年6月 6日

ジャンボマスタード!!!

 

画像-0071.jpg本当に大きいんです。この「マスタード」。

高さは、120cmぐらいはあります。

つぼみが付いたら、切って、を繰り返し、
ここまで大きくなったそうです。

でも、味はしっかりマスタード。

花なんか、ピリッと辛くて、サラダなんかの、
いいアクセントになりそうです。

この先も、残していくらしいので、
どこまで大きくなるか、楽しみです。

 

 

2010年6月 5日

梅おかか

 

画像-0050.jpg紀州の南高梅と鹿児島・枕崎の鰹節が出会って

美味しい「梅おかか」が出来ました。

きちんとスッパイです。

ご飯の友にはもちろん、焼いた鶏肉などに合わせても、

おいしくいただけます。


無量塔オリジナルの、「梅おかか」 840円。

ひとつあると、何かと便利です。

2010年6月 1日

山クラゲ(2)

 

画像-0087.jpg以前にも紹介した「山クラゲ」。

かなり、大きくなってきました。

まだ、収穫は先らしいのですが、抜いてみたい衝動に駆られています。


・・・もう少しの辛抱です。